ハイブリッド車を、中古で買う時の注意点

サイトマップ
ハイブリッド車の充電の様子の写真です

独特の注意点

ハイブリッド車では、トヨタのプリウスやアクアなどが人気があります。これらハイブリッド車を買う際には、ガソリン車やディーゼル車などといった内燃機関の自動車とは違った、注意点があります。

ハイブリッド車は年式重視

一般的には年式は新しく走行距離は少ないのが理想ですが、ハイブリッド車の場合は年式を優先して考える必要があります。日進月歩のハイブリッド車の技術は、新しいほどより優れたものになっています。バッテリーへの技術対応、走行距離の飛躍的向上など新旧では大きく変わってきています。ハイブリッド車は技術進歩が著しい自動車ですので、年式が異なると使われている技術が大きく異なる可能性が有ります。ほんの数年で大きく性能差がでてきます。




バッテリーの状態の確認

ハイブリッド車は、走行中に回生ブレーキなどから発生した電気をバッテリーに蓄えて、発進や加速を補助します。ハイブリッド車に使われているバッテリーはニッケル水素バッテリーで、最近はリチウムイオンのバッテリーが増えてきています。ここで問題となってくるのは、バッテリーが充電放電を繰り返しているうちに劣化して、バッテリーが蓄電できる容量が減っていくことでしょう。みなさんお使いのスマホでも、リチウムイオンのバッテリーを使用していますが、次第に使える時間が短くなっていくのを実感できると思います。バッテリーの寿命は、メーカーの保証期間である5年10万kmが目安ですが、使用方法によりそれより短くなることもあります。バッテリーは自然放電しても劣化しますので、走行距離が年に3,000km以下などの場合は逆に注意する必要があります。バッテリーは最近は10万円位までに値下がりしていますが、以前のモデルは15~40万円と、馬鹿に出来ない金額となります。それに追加して工賃が2~4万円を、予定する必要があります。バッテリーの性能が保証されている車を選ぶべきでしょう。バッテリーが駄目になると、最低でも15万円前後の費用が掛かると言われていて、無視できない問題となります。バッテリーは、ハイブリッド車のモーターを動かす重要な部品です。中古車でハイブリッド車を購入する際には、販売店に「バッテリーの状態はどうなのか」を忘れずに確認しましょう。バッテリーは日進月歩の激しい物ですので、当然型式が新しいほどバッテリーの性能は上になります。走行距離も大事ですが、年式も重要な要因になります。トヨタの−Valueハイブリッドの様にハイブリッド機構の保証をしてくれるサービスも有りますので、それらの保証の有無を確認しておきましょう。




ハイブリッド車を購入した後の修理代も考える

購入した後の、修理代が高いということは、念頭に置いておいてください。ハイブリッド車は、エンジンに電装部品が多く使われています。それらが故障すると、高額な修理代になります。修理代が10~40万円ともなると、せっかく中古で買った意味がなくなります。電装部品は、衝撃や水などに極端に弱く、事故車や水没車などは避けるべきでしょう。ハイブリッド車は先進の技術が駆使されている為、一般の自動車と比べると修理代が高くなる傾向に有ります。機械物ですので、必ず修理は必要となってきます。その時に、一般の自動車よりも余計に修理代がかかる、ということを念頭に置いて購入する必要があります。

ハイブリッド車の燃費について考える

ガソリン車と比べると、ハイブリッド車は燃費は良いので、購入を考えている人も多いでしょう。確かに燃費は良いのですが、車両価格が高いので、その差を埋めるためには、相当な走行距離が必要です。燃費が良いと言っても、なかなか車両価格差を埋めることは難しい点を、考慮しておく必要があります。

電気自動車を、中古で買う時の注意点

ハイブリッド車を、中古で買う時の注意点

中古車店をめぐっての私の失敗話です

エンジンは自動車の心臓部です。エンジントラブルは避けましょう

自動車事故では自賠責保険だけでは不足することも多くあります

中古車を買う段階の最終章です。購入契約と納車はヌケがないように

中古車を買う時、キャビン内部のチェックをしましょう

中古車のボディーを見る時の、注意点を述べています

中古車を買う時には、さまざまなチェックポイントがあります

中古車を買う時に大事な情報として、プライスボードがあります

自動車の運転時、一番の視覚情報をガラス越しに得ています

中古車にボディーコーティングして、いつまでも購入時の美しさを

中古車購入時には値引き交渉は必須。お店側も値引き交渉は想定内

中古車購入は購入予算や諸費用を考えて、無理のない支払いの計画を

中古車購入時は、一般的な事以外にも、チェック項目があります

廃車手続きの説明です。時間があれば、自分ででもできます

中古車ですので、100%完全な車はありません

自動車と趣味

自動運転車に必要な、電気自動車

自動運転車と、5G(第5世代世代通信)との融合

自動運転車は雨や雪、霧あるいは台風などの天候にどう対応するのか

レベル2とレベル4混在の自動運転の問題

車両底面カメラによる車両制御

今回のヤマハ発動機の自動運転実験車両について

自動運転車のレベル

自動運転の実証実験で、試乗してみました