中古車にボディーコーティングして、いつまでも購入時の美しさを

サイトマップ
中古車を買う時の注意点、中古車にボディーコーティングしたイメージ写真です。

ボディーコーティング

塗装は様々な要因で、劣化していきます。泥、砂、鉄粉、SPM、DEP などで酸化し、紫外線、洗車キズなどで色あせが発生します。酸性雨、水道水、地下水、シャンプー、樹液、鳥のフン、虫の酸などで 塗装ジミが発生します。車を長く乗る上で、酸化防止効果のあるボディーコーティング商品を選ぶことも大切です。




SMP

SMPは、工場などから排出されるばいじんや、ディーゼル車の排気ガスに含まれる粒子状物質など既に粒子としての性状を持つものと、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、塩化水素、炭化水素などのガス状物質が大気中での光化学反応で粒子化するものがあります。有機物のポリマーやWAXにこびりつき、シャンプー洗いでも落ちなくなります。塗装面を素手で触ると、ザラザラとしている時はSPMが付着していると考えて良いでしょう。

DEP

DEPとは、ディーゼルエンジンの不完全燃焼で生じる黒煙に含まれる、浮遊粒子状物質のひとつです。ディーゼルガソリン車の黒煙の量は、ガソリン車の30~100倍に及びます。DEPは粒子成分で、直径2ミクロン以下の極微粒子を指します。その粒子は肺細胸内へ長い時間を掛け徐々に沈着するため、慢性疾恵、特に肺の発がん作用が指摘されています。

ボディーコーティング

通常の塗装は鉄板をサビから守ります。そしてその塗装を守るのがクリアー塗装です。クリアー塗装は再生が利きませんので、劣化したら除去して再塗装しなきゃいけませんがその金額は膨大になります。一般にボディーコーティングと呼んでいるものは、再生ができます。劣化しても何度でも再コートが可能で安くできます。塗料は、空気と紫外線で大きく劣化していきます。再生に莫大な費用が掛かる塗装を、より長持ちさせる為にコーティングが必要になってきます。




ワックスとコート剤の違い

  • ワックス~性シリコンと植物性のロウが主成分となります。油性シリコンは水をはじき艶を出し、ロウは保護膜を形成します。欠点として、油性の酸化物なので耐久性はありませんし、紫外線に対する防御力もありません。
  • コート剤~主な成分は種類によりガラス(ケイ素)、フッ素、アクリル、シリカなどの樹脂です。保護力に優れていますが、艶出しの効果はあまり望めません。

電気自動車を、中古で買う時の注意点

ハイブリッド車を、中古で買う時の注意点

中古車店をめぐっての私の失敗話です

エンジンは自動車の心臓部です。エンジントラブルは避けましょう

自動車事故では自賠責保険だけでは不足することも多くあります

中古車を買う段階の最終章です。購入契約と納車はヌケがないように

中古車を買う時、キャビン内部のチェックをしましょう

中古車のボディーを見る時の、注意点を述べています

中古車を買う時には、さまざまなチェックポイントがあります

中古車を買う時に大事な情報として、プライスボードがあります

自動車の運転時、一番の視覚情報をガラス越しに得ています

中古車にボディーコーティングして、いつまでも購入時の美しさを

中古車購入時には値引き交渉は必須。お店側も値引き交渉は想定内

中古車購入は購入予算や諸費用を考えて、無理のない支払いの計画を

中古車購入時は、一般的な事以外にも、チェック項目があります

廃車手続きの説明です。時間があれば、自分ででもできます

中古車ですので、100%完全な車はありません

自動車と趣味

自動運転車に必要な、電気自動車

自動運転車と、5G(第5世代世代通信)との融合

自動運転車は雨や雪、霧あるいは台風などの天候にどう対応するのか

レベル2とレベル4混在の自動運転の問題

車両底面カメラによる車両制御

今回のヤマハ発動機の自動運転実験車両について

自動運転車のレベル

自動運転の実証実験で、試乗してみました