自動車事故では自賠責保険だけでは不足することも多くあります

サイトマップ
中古車を買う時の注意点、自動車事故の写真です。

自動車保険(任意)

自動車保険(任意)は自動車を運転する人なら、是非入っておきましょう。なにもないときにはその必要性も疑われるのですが、いざ何かあったときには自動車保険のおかげで助かることができますよ。




自動車保険(任意)の必要性

自賠責保険は、交通事故が発生した場合の保険金の上限が被害者1人につき死亡3000万円・後遺障害4000万円までと安いものになっています。そして人身事故にしか対応できない、加害車両の運転者・保有者の怪我には保険金が下りないなど制約があります。自賠責保険は全般的に保障額が安いので、任意の自動車保険の必要性が必ず出てきます。自動車保険は、自動車の所有・使用・管理に伴って発生し得る賠償責任および損害を補填する損害保険になります。よく聞く話とは思いますが、自動車が動いている限りは全くの無過失はほとんど認められていないという現状があります。また、運悪く自動車が盗難にあってしまいその自動車が事故を起こした場合、管理者責任・所有者責任を問われ賠償の責が発生することもあります。転ばぬ先の杖ではありませんが、任意保険に加入して安心して自動車を運転できるようにしておきたいものですね。

自動車保険を比較する

自動車保険を変えてみたい時は、今までの自動車保険証券を手元においてから、安い保険料になるように比較しましょう。保険複数一括見積りサイトが多いですが、一度の入力で有名な複数の保険会社の保険料の比較ができます。特定の保険会社にこだわらない時は、この一括自動車保険見積りは便利です。ただ、安い保険料ばかり追求すると制約が多くなってしまいますので、いざというときに使えない保険になる可能性もあります。自分の生活パターンを把握した上で、ある程度予測できる事態に対応できる自動車保険を、掛けておきたいですね。見積もりを頼んだら不要なメールや電話がくるようになっては困ります。もう決めたのでメールや電話は不要の旨伝えれば、ちゃんと応じてくれると思います。皆さんご存知の会社ばかりですので、信用を第一に考えてサイト運営をしていると思います。




自動車保険を使った話

  1. ちょっと前の話ですが、事故で相手方の自動車を少しだけこすってしまい、修理金額を聞いたら30万円とのことでびっくりしました。以前なら、板金塗装で高くても10万円位かなと思っていたら、今は特殊塗装が主流で以前のような金額ではできないとのことです。保険料が上がるかもしれないので、小額なら手出しをしようかと思っていましたが、その時は保険を使い全額支払ってもらえました。思ったような保険料のアップもありませんでした。保険料のアップが大きいようなら他社の保険に切り替えようと思っていましたが、それをする必要もありませんでした。
  2. 自宅で自動車のスモールライトの消し忘れでバッテリーが上がってしまいどうしようかという時、保険にロードサービスが付いていましたので電話したら、近くの協力工場のほうからすぐに駆けつけてくれ、事なきを得たこともありました。最近では、ドライブ途中でダイナモの不調によりエンジンが止まってしまい途方に暮れたときにも、保険会社のロードサービスがすぐにきてくれて無事に家にたどり着けました。

問題報道後に改善される

マスコミなどで生命保険の不払いがあったとの報道があります。しかし逆に言えば、これからはそれらの問題は是正されて、安心して利用できるようになるのではないでしょうか。そのことと話は似ていて、私の自動車は三菱なのですが、リコール隠しの事件発覚後は、逆に対応が良くなった感が強く感じられます。雨降って地固まるのことわざもありますが、問題が表面化した後は以前より良くなることは間違いないでしょう。

自動車保険に入っていなかったら生活の崩壊

自動車保険は、自賠責保険は当然のことですが、任意の自動車保険にも加入していないと、事故の際に家庭の崩壊につながります。だれも好き好んで事故を起こす人はいないでしょう。ちょっとした油断、運命のいたずら、偶然がかさなった、もらい事故その他もろもろあります。自動車の運転をしていれば、そういった危険性と常に隣り合わせです。これだけは自分が注意していれば大丈夫の世界は通用しません。軽い物損などの事故ならなんとかなるかもしれませんが、人身事故や高額の物損事故など起こしてしまえば、自動車保険なしでは対処できない人が大部分でしょう。お金で済む問題ではないでしょうが、そのお金さえなかったら最悪です。相手方に対しても申し訳ないという気持ちとともに、お金も一生払い続けなくてはなりません。それも相手方がそれでもいいと言ってくれた場合だけであり、即金を求められる事が大部分でしょう。事故の場合、10:0の過失割合になることは動いている限りはほとんどなく、過失割合に応じて賠償責任が発生します。自動車保険がないと、予期せぬ出費に泣かされることになります。

大多数の人が自動車がないと生活できない現実

自動車が危険だからといって、自動車なしで生活できるのは、都会の交通機関の整備されている所だけです。大部分の人にとっては、自動車は生活の足として、切っても切り離せないものになっています。任意の自動車保険に入り、安心して自動車に乗りたいですね。

電気自動車を、中古で買う時の注意点

ハイブリッド車を、中古で買う時の注意点

中古車店をめぐっての私の失敗話です

エンジンは自動車の心臓部です。エンジントラブルは避けましょう

自動車事故では自賠責保険だけでは不足することも多くあります

中古車を買う段階の最終章です。購入契約と納車はヌケがないように

中古車を買う時、キャビン内部のチェックをしましょう

中古車のボディーを見る時の、注意点を述べています

中古車を買う時には、さまざまなチェックポイントがあります

中古車を買う時に大事な情報として、プライスボードがあります

自動車の運転時、一番の視覚情報をガラス越しに得ています

中古車にボディーコーティングして、いつまでも購入時の美しさを

中古車購入時には値引き交渉は必須。お店側も値引き交渉は想定内

中古車購入は購入予算や諸費用を考えて、無理のない支払いの計画を

中古車購入時は、一般的な事以外にも、チェック項目があります

廃車手続きの説明です。時間があれば、自分ででもできます

中古車ですので、100%完全な車はありません

自動車と趣味

自動運転車に必要な、電気自動車

自動運転車と、5G(第5世代世代通信)との融合

自動運転車は雨や雪、霧あるいは台風などの天候にどう対応するのか

レベル2とレベル4混在の自動運転の問題

車両底面カメラによる車両制御

今回のヤマハ発動機の自動運転実験車両について

自動運転車のレベル

自動運転の実証実験で、試乗してみました