中古車を買う時に大事な情報として、プライスボードがあります

サイトマップ
中古車を買う時の注意点、中古車の購入をする時に、プライスボードは最初に目にします。

プライスボード

中古車販売店に行って、まず目に飛び込んでくるのがプライスボードです。自動車公正取引協議会の規約で定められた、その中古車の情報が載っています。最低限の情報ですが、一番気になるところですね。いずれについても大切な情報が記載されています。記憶に頼ると後で思い出せない項目も出てくると思います。面倒でもメモを取るようにしたほうがいいでしょう。最近はカメラ付きのスマホが普及していますので、それでプライスボードを撮影しておくのもいいのではないでしょう。ついでに車も撮影しておくと、車のイメージがより具体的になります。




  1. 車名
  2. 販売価格… 店頭で車両を引き渡す場合の現金販売価格を記載しています。(消費税を含む)
  3. 走行距離数… 走行距離計の示すキロ数を記載しています。疑わしいときは社団法人 自動車公正取引協議会で。1500円位の費用がかかります。
  4. 自動車検査証の有効期限…自動車検査証の有効期限の年月日を記載しています。
  5. 初度登録年月(軽自動車の場合初年度登録年)」 … 登録車は初度登録年月、軽自動車は初度検査年を記載しています。
  6. 保証の有無…保証つきの場合、保証内容、保証期間又は保証走行距離数を記載しています。
  7. 前使用者の点検整備記録簿の有無…展示時点から2年以内に定期点検整備が行われ、その点検整備記録簿が展示車両に備え付けられているかどうかの記載。ある場合は点検内容が記載されます。
  8. 定期点検整備実施状況…定期点検整備を実施して販売する場合、「定期点検整備あり」と記載されています。 販売時までに実施する場合「済」と記載されています。 販売時以降、車両引渡し時までの間に実施する場合、「納車時」と記載されています。納車時と記載されているときは、販売価格に整備費用が含まれているかどうか、別途整備費用が必要な場合は整備費用の額が記載されています。定期点検整備を実施しない場合、「定期点検整備なし」と記載されています。
  9. 修復歴の有無…車体の骨格に当たる部位の修正及び交換歴がある場合に「有」と記載され、別途書面により修復箇所が記載されます。その他の場合は「無」と記載されています。
  10. 使用歴… 自家用、営業用、レンタカ-、その他の使用歴を記載しています。





電気自動車を、中古で買う時の注意点

ハイブリッド車を、中古で買う時の注意点

中古車店をめぐっての私の失敗話です

エンジンは自動車の心臓部です。エンジントラブルは避けましょう

自動車事故では自賠責保険だけでは不足することも多くあります

中古車を買う段階の最終章です。購入契約と納車はヌケがないように

中古車を買う時、キャビン内部のチェックをしましょう

中古車のボディーを見る時の、注意点を述べています

中古車を買う時には、さまざまなチェックポイントがあります

中古車を買う時に大事な情報として、プライスボードがあります

自動車の運転時、一番の視覚情報をガラス越しに得ています

中古車にボディーコーティングして、いつまでも購入時の美しさを

中古車購入時には値引き交渉は必須。お店側も値引き交渉は想定内

中古車購入は購入予算や諸費用を考えて、無理のない支払いの計画を

中古車購入時は、一般的な事以外にも、チェック項目があります

廃車手続きの説明です。時間があれば、自分ででもできます

中古車ですので、100%完全な車はありません

自動車と趣味

自動運転車に必要な、電気自動車

自動運転車と、5G(第5世代世代通信)との融合

自動運転車は雨や雪、霧あるいは台風などの天候にどう対応するのか

レベル2とレベル4混在の自動運転の問題

車両底面カメラによる車両制御

今回のヤマハ発動機の自動運転実験車両について

自動運転車のレベル

自動運転の実証実験で、試乗してみました